前立腺がん治療を受けておられる方、治療が終わった方への情報サイト

ホルモン療法を分かりやすく解説します


前立腺がんの治療法の一つ「ホルモン療法」。男性ホルモンをコントロールすることでがんの進行を抑える治療になりますが、それで完治はするのでしょうか?どれくらい進行は抑えられるのでしょうか?詳しく解説していきます。
Medication and insulin syringe

前立腺がん「ホルモン療法」とは

前立腺がんは発症すると男性ホルモンの刺激によって増殖します。そのため、男性ホルモンの分泌や働きを抑制し、がんの増殖を防ごうとする「ホルモン療法」がとられます。目に見えないがんにも有効な全身治療法で、「内分泌療法」とも呼ばれています。ホルモン療法は、古くは外科的去勢術(精巣摘除)が行われていました。外科的去勢術では、主にテストステロンという男性ホルモンを分泌している精巣を摘出することで、男性ホルモンの量を抑えます。術後すぐに男性ホルモンが激減しますが、男性のシンボルを失うことへの精神的な抵抗があることも否めません。最近は薬物療法が中心で、男性ホルモンの分泌や作用の発現を抑制するためのホルモン薬を使います。注射もあれば内服薬の場合もあります。

ホルモン療法が選択されるケース

ホルモン療法はどのステージでも選択することが可能です。主に局所浸潤がんや進行がんに対して行われる治療法ですが、なかでも遠隔転移のある進行がんや、高齢者や持病があることなどの理由で、開腹手術などの根治的な治療を受けることが難しい人に行われています。他には、手術療法や放射線治療法だけでは、根治が難しい場合、ホルモン療法を併用して治療の効果を高めます。また、手術療法や放射線治療法後に再発が確認された場合にもホルモン療法が選択されることがあります。

ステージと治療法

ケース1:手術で再発・再燃する前立腺がん

治療を受けて効果があっても、気になるのが再発・再燃です。再発とは、根治を目指し手術や放射線治療を行ったあと、進行してしまったり、新しいがんが発見されたことを指します。再燃とは、根治療法ではなく、ホルモン療法のようにがんの増殖を抑える治療を行った場合に、一時は治療効果が表れていたのに、再度がんが増殖してしまった状態を指します。前立腺がんが再発・再燃した場合の治療法は、最初の治療法が何であったかによって異なります。手術療法で前立腺を全摘出したのに、がん細胞がどこかに残っていて再発した場合は、放射線療法かホルモン療法が行われるのが一般的です。遠隔転移をしている場合や、病巣が特定できない場合は全身に効果のあるホルモン療法が適しています。

ケース2:放射線治療での併用療法

放射線治療では、ホルモン療法を併用することで根治の可能性が高まることが知られています。数か月の短期間の併用よりも2年間の併用のほうが効果が高いことが知られています。小線源療法(ブラキ治療)、IMRT、重粒子線治療などでホルモン療法が併用されることがあります。

ホルモン療法のメリット・デメリット(副作用など)

薬物によるホルモン療法は定期的に通院して注射をするか、内服薬を経口摂取します。薬物療法を選択すると、長く治療を続けることになります。またホルモン療法により、肥満、骨粗鬆症、糖尿病、高血圧、関節痛、意欲の減退などが起こりやすくなります。
したがって手術や放射線治療の代わりになるということで安易に選択することはすすめられません。

ホルモン療法のメカニズムと薬

前述したように、前立腺がんは男性ホルモンによって増殖・進行するので、その栄養源をストップするための治療薬を使います。男性ホルモン(総称:アンドロゲン)にはいくつかの種類がありますが、前立腺がんに関係するのは、主にテストステロンです。メカニズムとしては、ホルモン分泌の指令を出す脳の下垂体に作用して精巣からのテストステロンの分泌を抑えたり、テストステロンが前立腺に取り込まれるのをブロックします。また、女性ホルモンが、テストステロンの働きを弱めるために用いられたりします。

使われる治療薬の種類と作用

【前立腺がんのホルモン療法おもな治療薬】

分類名 働き 主な製品名 用い方 主な副作用
LH-RHアゴニスト 下垂体を刺激し女性ホルモンLHを活性化 ゾラデックス 皮下注射 フレアアップ現象、性機能障害、更年期障害様症状、骨粗しょう症
リュープリン 皮下注射
GnRHアンタゴニスト 下垂体の働きを抑え精巣からのテストステロンの分泌を抑制 ゴナックス 皮下注射 性機能障害、更年期障害様症状、骨粗しょう症
抗男性ホルモン薬 非ステロイド性 男性ホルモンの受容体のはたらきを抑制 カソデックス 内服 女性化乳房・乳房痛、肝機能障害
オダイン 内服
イクスタンジ 内服 疲労感、血小板減少、けいれん発作など
細胞内での男性ホルモン産生を抑制 ザイティガ 内服 心不全、電解質異常、肝障害など
ステロイド性 男性ホルモンの受容体のはたらきを抑制 プロスタール 内服 女性化乳房・乳房痛、性機能障害、脂質異常症、糖尿病の悪化

※フレアアップ現象とは・・・投与初期に一時的にテストステロンが上昇する現象。進行がんの場合、麻痺や手足のしびれなどが生じることがある。

間欠療法について

ホルモン療法では、肥満、骨粗鬆症、糖尿病、高血圧、関節痛、意欲の減退などの副作用が起こりやすくなります。治療開始後、PSA値が下がって安定したら、数か月間、薬の使用を休み、PSA値が上がったら、ホルモン療法を再開する「間欠療法」は、副作用を減らす療法として行われることがあります。ただし薬の効果は継続的な治療に優るものではありません。

どの治療法を選ぶかは再発や再燃などの可能性も含めて医師と相談のうえ、納得して決めることが肝心です。迷ってセカンドオピニオンを求めた先で、主治医と違う見解を示されるかもしれません。そこでさらに迷ってしまうかもしれませんが、選択できる幅が広がったと考え、それぞれの治療法のメリット・デメリットを検討して選びましょう。


クルクミン