前立腺がん治療を受けておられる方、治療が終わった方への情報サイト
検査 検査

PSA、MRI、直腸指診、生検など、早期発見・最適な治療をするための様々な検査方法を解説しています。
前立腺がんの可能性をチェックする最も有効な方法は血液検査でPSA値を測ることです。
50歳以上の男性は、1度は測定することをお勧めします。


前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA検査。がんの早期発見に有効な手段として活用されていますが、前立腺肥大など他 […]

前立腺がんは骨に転移しやすいがんです。骨転移は「骨シンチグラフィー」と呼ばれる検査で調べます。 骨シンチグラフ […]

PSA監視療法とは「何もしない」治療法です。がんと診断されたのにPSAの定期的な検査だけで治療しなくていいと言 […]

前立腺がんになりやすい人の要因はいくつかあります。そのなかでも有力とされているのが遺伝による影響です。これらの […]

生検検査は前立腺がんの診断で最も重要な検査です。生検検査を行うことによってがんがあるかないかだけでなく、がんの […]

前立腺がん、前立腺肥大症の検診・診断に行われる直腸指診(ちょくちょうししん)。医師が直腸から指を使って検査する […]

前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA検査で高い値が出た場合、次に行われるのがMRI検査になります。MRI検査の […]

前立腺がんは進行が緩やかであるため、早期発見で治療・根治が可能な「命を奪われることが少ない」がんの一つです。そ […]

前立腺がんの早期発見に大切なPSA検査。50代からは定期的に受けることをおすすめしています。PSAとはどんなも […]

クルクミン