前立腺がん治療を受けておられる方、治療が終わった方への情報サイト

検査・診断について


前立腺がんの検査はPSAと呼ばれる腫瘍マーカーを利用して行います。しかしPSA検査は万能ではなく、がん以外の病気でも高くなることもあるのです。前立腺がんの検査から診断までを詳しくまとめました。

201503_3-1

まずは定期的なPSA検査から

初期の前立腺がんは症状がありません。ではなぜ前立腺がんを疑うことが起こるこのでしょうか?それはPSA検査です。地方自治体の検診や人間ドックのオプションなどにPSA検査の項目を見つけたら、積極的に受けておきましょう。繰り返しになりますが、初期の前立腺がんには自覚症状がありません。PSA値が高いといわれた際に前立腺がんを疑うので、前立腺がんを疑ってPSA検査を行うという流れはまずほとんどありません。定期的なPSA検査が早期発見の第一歩です。

【PSA検査とは】

PSAというのは、前立腺で作られるタンパク質です。血液中のこの数値が高くなってくると前立腺がんの頻度が高いことがわかっています。前立腺がん患者の血液中のPSA値が高いことや治療が奏功するとPSA値が下がること、そしてがんが進行するとPSA値が上がることから前立腺がんの「腫瘍マーカー」と呼ばれています。ただし、がんだけでなく、前立腺肥大症や炎症を起こしている場合にもPSA値は高まります。
→「PSA」検査について

前立腺がんの検査一覧

前立腺がんと診断するまでに行われる検査方法は以下になります。

 【MRI】

PSA値が高い場合に行う、全身検査です。MRIはCTなどのようにX線を使うことはなく、代わりに磁力を使って行われます。前立腺がん診断には超音波検査もありますが、直腸に機器を挿入しなければならず痛みを伴う検査になります。それより快適で詳細な検査ができるMRIがもっとも優秀です。

MRI検査でわかること

MRI scanner room

 

【直腸超音波検査・直腸診】

前立腺が直腸から近いため、お尻の穴から直腸へ超音波の機器や医師の指を入れて調べる検査です。前立腺の大きさと異常をみるため、超音波で発見できるものや痛みがあるかどうかや、触診でしこりなどがあるかを診断します。痛みを伴うので、通常は前立腺生検検査の際に麻酔をして行います。ただし、がんがあるかどうかの診断にはMRIの方が優れています。

201503_3-2

 

【前立腺生検検査(針生検)】

MRIや直腸超音波でしこりのようなものを発見できても、細胞を調べるまではがんと確定できないため、精密検査として生検検査を行います。前立腺に細い針を刺して細胞を採取し、がんがあるかどうか調べます。通常は入院をし、麻酔をかけて行いますが、麻酔なしの簡便な形で、外来で行う病院もあります。麻酔をすれば痛くない検査ですが、外来で行うとかなりの痛みを伴います。

生検検査の注意点とリスク

生検査

【骨シンチグラフィー】

骨シンチグラフィーは、骨を破壊する状態または、骨を造成する状態にある部分を特定する放射性同位元素(RI)を投与して、特殊なカメラで撮影することで、X線検査ではわかりにくい骨の代謝状況を調べることができる検査。前立腺がんの骨転移の有無を調べる際に採用されています。

骨シンチグラフィーとは

【IPSS(国際基準の問診)】

IPSSというのは国際前立腺症状スコアといって、排尿の症状のうち、尿の出やすさと膀胱への尿の溜まり具合を調べる症状調査票で、全部で7項目から成り立っています。0点(全くない)から5点(ほとんどいつも)でスコアを集計し、この点数が高いと、排尿に問題があると考えられています。

診断について

【PSA検査は定期的に受けましょう】

近年、アメリカでは50才以上の男性の75%がPSA検査を受診をしています。その結果として、アメリカでは転移が出る前に診断される人がほとんどで、前立腺がんと診断される方の95%は転移がない段階で、初期診断ができています。日本では、まだこのPSAによる診断が浸透しておらず、10%程度の人しか受診していません。その結果として、日本では残念ながら、前立腺がんと診断される方の15%程度の方は進行して転移が生じてから診断されています。すなわち、治癒しないということです。

現在は新薬が開発されたこともあって、生存期間は長期化しています。とはいえ、転移がんは治癒するわけではないので永続的に続く高額な医療費を負担しなければならず、そういう点からいっても、まずはPSAの診断を受けることが大変重要です。
→早期発見するためにできること
→前立腺肥大でもPSA値は高くなる?

【PSA値が高いだけでは「前立腺がん」と診断できない】

しかし、PSA検査にも弱点はあり、PSAが上がる原因はがんだけではなくて、肥大症や炎症、あるいは長時間の自動車や自転車の運転、ただ長時間いすに座っていることも挙げられます。こういった値によって一喜一憂するような場面もあるので、最近はMRIを撮影することによって、前立腺の大きさとはっきりとしたがんが認められるかどうかを診断するのが一般的になっています。

もちろん、PSAが高いだけでも、MRIや直腸診でがんのような腫瘍が見つかっても「がんである」と断定することはできません。最終的な診断は、生検検査でがん細胞を発見するときまで確定できませんが、PSAの上昇が軽度であってMRIで問題がない場合には、しばらく経過をみることもあります。また、生検検査に関しても小さい腫瘍の場合は針を刺してもがん細胞が取れないこともあるので、それまでは「前立腺がんの疑い」という診断のもと定期的にPSA検査を受け続けるのが早期発見のための得策といえるでしょう。また、初期段階の前立腺がんは治療法も様々で、小さい腫瘍の場合はPSA値を監視しながら内服薬で治療する場合もあります。


クルクミン