前立腺がん治療を受けておられる方、治療が終わった方への情報サイト

進行度・悪性度


前立腺がんの進行度は、TNM分類やステージ(病期)で表現します。その進行度と悪性度について詳しく解説していきます。

前立腺がんの進行度

進行度はTNM分類と病期で分類されています。

前立腺がんのステージ

【TNM分類】

TNMとはtumor(腫瘍)、nodes(リンパ節)、metastasis(転移)のことで、Tは「がんが前立腺のなかにとどまっているか、周囲の臓器や組織にまで浸潤しているか」を表し、Nは「リンパ節への転移があるかどうか」を表し、Mは「骨や肺、肝臓などの前立腺から離れた臓器への遠隔転移があるかどうか」を表します。がんそのものの進展具合であるT分類においては、がんが認められないT0から、触知や画像では判断できないT1、前立腺のなかにがんがとどまっているT2、前立腺の外にまでがんが広がっているT3、隣接する他の臓器まで広がっているT4に分けられ、さらにそれぞれの状態に即してT1a、T1b、T1cといったように細かく分けられています。

TNM分類 N0
リンパ転移
なし
M0
遠隔転移
なし
N1
リンパ転移
あり
M1
遠隔転移
あり
T1:
触知不能
画像診断不能
T1a:
組織を調べると
切除組織の5%以下に
偶発的に発見されたがん
病期A 病期A 病期D 病期D
T1b:
組織を調べると
切除組織の5%を超え
偶発的に発見されたがん
病期A 病期A 病期D 病期D
T1c:
PSA値の上昇から
針生検で発見された
小さながん
病期A 病期A 病期D 病期D
T2:
前立腺限局がん
T2a:
がんの広がりが片葉の1/2以内
病期B 病期B 病期D 病期D
T2b:
がんの広がりが片葉の1/2を超えている
病期B 病期B 病期D 病期D
T2c:
がんが両葉へ広がっている
病期B 病期B 病期D 病期D
T3:
被膜外に浸潤
T3a:
がんが前立腺被膜外へ広がっている
病期C 病期C 病期D 病期D
T3b:
がんが精のうまで広がっている
病期C 病期C 病期D 病期D
T4:
隣接臓器に進行
がんが精のう以外の隣接臓器まで広がっている 病期D 病期D 病期D 病期D

TNM分類は国際基準の分類法です。治療によって完治が期待できるかは、がんが前立腺のなかにとどまっているかどうかが重要です。前立腺のなかにとどまっているのであれば、手術や放射線治療により完治を目指すことが可能ですが、他の臓器まで転移がみられる場合は完治を目指すことはできません。従って、完治の期待できる「早期がん」はT1~T2でN0M0という状態になります。

→前立腺がんのステージと治療法

 

【病期(ステージ)】

病期(ステージ)は病状をA~Dで分類し、表すこともあります。B以降が検査によって見つかったがんになります。

分類 内容
ステージA 触診や超音波検査では見つからないごく小さな腫瘍。前立腺肥大症などの手術の際に、偶然発見されたがん。
ステージB 前立腺のなかにとどまっているがん。
ステージC 前立腺被膜を越えて進展しているが、転移はしていないがん。
ステージD リンパ節や臓器への転移がみられるがん。

 

前立腺がんの悪性

悪性度は生検の結果を「グリーソンスコア」と呼ばれる評価基準に照らして判断します。グリーソンスコアの数字が大きいほど悪性度が高く、グリーソンスコアの数字が小さいほど悪性度は低いと診断されます。グリーソンスコアが低かったからといって、放置していいわけではありませんが、すぐに手術などをしなくても、食生活の見直し・改善や適度な運動を取り入れることでPSAが減少していくこともあるのです。

 201503_5-2

 

進行・悪性度によって治療方法が変わる

前立腺がんは、進行度や悪性度によって治療法が変わります。前立腺がんで重要なのは、腫瘍があるかないかではなく、悪性度が高いか低いか、なのです。もちろん腫瘍が無いのに越したことはありませんが、悪性度が低く命を脅かさない「よいがん」であれば、急いで手術をしたり抗がん剤治療をすることはありません。

命を脅かさないがんを治療することで、排尿トラブルや性機能障害などの後遺症や副作用を引き起こし、以前よりQOL(生活の質)を悪化させてしまう恐れもあるのです。がんを持ったまま長生きをし、天寿を全うする人もすくなくありません。また、がん以外の病気で亡くなった男性を解剖すると70歳以上で20~30%、80歳以上で30~40%の人が前立腺がんを持っているといわれます。このように、解剖によって初めて見つかるがんを「ラテントがん」と呼びます。
→前立腺がんに多い「潜在がん」とは

その一方で、命を脅かす「悪いがん」であれば、速やかに治療をスタートさせるべきです。自分のがんの進行度や悪性度がどういうものかを把握して、さらに自身のライフスタイルや価値観も大切に、主治医やパートナーとよく相談して治療方法を選択することが重要です。治療の方法に不安や迷いがあるのであれば、セカンドオピニオンも積極的に受けるとよいでしょう。当然ながら、前立腺がんのセカンドオピニオンを聞く場合は、その病院が少なくとも手術と放射線治療の両方が行われているところでなければ治療の比較はできません。

→前立腺がんは早期発見が大切


クルクミン