前立腺がん治療を受けておられる方、治療が終わった方への情報サイト

ゾラデックスでの治療法・副作用とその対処法


ゾラデックスはホルモン療法の薬です。前立腺がんの他、乳がんや子宮内膜症の治療にも使われます。同じタイプの薬であるリュープリンとの違いを比較し、使い分けを解説。副作用の種類や対処法、ビカルタミドの併用などについても詳しく説明します。

Medical cosmetic procedure. Mikronidling

ゾラデックスとは

ゾラデックスはホルモン療法で使われる注射薬です。ゾラデックス は、脳下垂体に作用して精巣での男性ホルモンの分泌を抑制し、前立腺がんの増殖を抑える作用があります。ホルモン療法に使われる注射薬のなかでも、「LHRHアゴニスト」と呼ばれるタイプの薬です。LHRHは「黄体形成ホルモン放出ホルモン」のことであり、アゴニストは「作動薬」を意味します。LHRHアゴニストはゾラデックスの他にリュープリンという注射薬があります。GnRHが脳下垂体にある受容体に結合するのを直接ブロックして、男性ホルモンの放出を抑えるGnRHアンタゴニストのゴナックスとは異なり、LHRHアゴニストは、LHRH受容体の働きを刺激することによって、結果的に男性ホルモンの放出を抑制するという仕組みです。前立腺がんだけでなく、子宮内膜症、乳がんなどの治療にも用いられています。

男性ホルモンや女性ホルモンは、視床下部から放出されるLHRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)と呼ばれる物質が作用することで分泌されています。そこで、ホルモン治療ではLHRHと同様に作用する薬であるゾラデックスなどのLHRH製剤を用いるのです。LHRHが性ホルモンの分泌を促すなら、LHRH製剤を使用することで性ホルモンの分泌量が増えてがんが進行してしまうのではないか、と懸念する方もいるかもしれません。しかし、天然のLHRHよりもLHRH製剤によって受容体へ強力な刺激を与え続けると、受容体数は減少する「ダウンレギュレーション」という減少が起こることが分かっています。受容体数の減少によって、性ホルモンの分泌も少なくなるのです。そのため、ゾラデックスの注射治療を始めると、一時的にテストステロンが上昇しますが、3~4週間で両側精巣を摘出したのと同じレベルにまでテストステロンが低下します。1回の注射で約1ヵ月間効果が持続する「ゾラデックス® 3.6 ㎎デポ」と、約3ヵ月間効果が持続する「ゾラデックス®LA10.8 ㎎デポ」の2種類があり、定期的に注射を受ける外来治療が可能です。

◎リュープリンとの違い比較

同じLHRHアゴニストであるリュープリンとゾラデックス。何が違うのか、どう使い分けるのかを簡単にまとめてみました。

商品名 メーカー ジェネリック 投与法 保険 薬価(3か月用)
リュープリン 武田薬品 1ヵ月製剤と3ヵ月製剤はジェネリックあり、6ヵ月製剤はジェネリックなし 1・3・6ヵ月製剤があり、液体で徐放性の薬剤をお腹に皮下注射する 保険適用 リュープリンSR注射用キット11.25mg
66891
ゾラデックス アストラゼネカ なし 1・3ヵ月製剤があり、個体で徐放性の薬剤を太目の注射でお腹に打つ 保険適用 ゾラデックスLA10.8mgデポ
62889

起こり得る副作用とは

「ゾラデックス® LA10.8mg デポ」で治療した 3037人の患者さんの調査では、6.1%の患者さんに何らかの副作用(臨床検査値異常を含む)が認められています。代表的な副作用としては、からだのほてり(1.4%)、肝機能異常(0.6%)、AST[GOT]上昇(0.5%)、AI-P上昇(0.5%)、ALT[GPT]上昇(0.4%)、汗が出る(0.5%)などがあります。重大な副作用としては、肺胞の壁や周辺に炎症が起こり、肺全体が固くなる間質性肺炎や、排尿障害、肝機能障害・糖尿病増悪、心不全、血栓塞栓症、骨の痛みなどが報告されています。
また、ゾラデックスの治療中は、勃起力の低下、ほてり、しびれ、吐き気、食欲不振、乳房の痛み、頭痛などの症状があらわれたり、また、注射針が太いことから注射部位反応 (出血、血腫、膿瘍、硬結、疼痛等)があらわれたりすることも。注射部位を揉むのはもちろんNGですが、腹筋などの腹部に負荷のかかる運動も控えた方がよいでしょう。初めての投与から1ヵ月間は、特に骨の痛みや、排尿障害、しびれなどの症状があらわれることがありますが、これらはテストステロンの一時的な上昇に伴う一過性の症状だと考えられています。気になる症状があらわれたときや、治療中の運動などについては、医師または薬剤師に早めに相談しましょう。

◎副作用が出たときの対処法

副作用で骨や背中が痛む場合や、頭痛、注射部位の疼痛に対して、市販の鎮痛剤も禁止されてはいないものの、できれば医師に処方してもらった鎮痛剤を飲むのがよいでしょう。また、しびれや痛みに対して、ホッカイロや蒸しタオルをお腹にあてて和らげても構いませんが、長時間あてないように留意しましょう。

◎どんな人に向いているか

リュープリン、ゴナックスに比べて、ゾラデックスは薬としての歴史が長いため、臨床データが豊富です。また再発抑制効果もリュープリンに比べてわずかに上回っているということもあり、ホルモン療法で病状が安定している人に向いているといえるでしょう。治療費や利便性の面では6ヵ月製剤のあるリュープリンは割安感があります。ですが、仕事を引退し、1ヵ月または3ヵ月に一度のペースで投与を受ける時間の余裕があり、ある程度頻繁に診療を受け臨床データと比較して経過観察をできる方が安心という人は、ゾラデックスという選択肢を考えてもよいでしょう。

カソデックスとの併用は必要か

男性ホルモンは精巣だけでなく、副腎でも5%ほどつくられるため、ホルモン療法においてはGnRHアンタゴニスト(もしくはLHRHアゴニスト)と抗アンドロゲン薬を併用するのが一般的です。ゾラデックスの場合、併用する抗アンドロゲン薬はビカルタミドが多いようです。

LH-RHアゴニスト(アンタゴニスト)剤と抗アンドロゲン剤(ビカルタミド、オダインなど)の併用により、可能な限り男性ホルモンの供給を断つ治療法は、 CAB療法(Combined Androgen Blockade)もしくは MAB療法(Maximum Androgen Blockade)といいます。CAB(MAB)療法を試みたにもかかわらず、生き延びていける強力な「去勢抵抗性」を持つ前立腺がんは、急速に勢いを増し、非常にやっかいな相手です。去勢抵抗性前立腺がんでは抗がん剤(ドセタキセル、ジェブタナ)や新規アンドロゲン薬(イクスタンジ、ザイティガ)の治療を導入します。


クルクミン